ベルカント唱法を学ぶ声楽の会SoaveSoave代表・早川敬子ご挨拶ベルカント発声で学ぶ声楽個人レッスンSoave主催ベルカントヴォイストレーニングレッスン unavoceの初歩からはじめるベルカント発声講座ベルカント発声法質問掲示板声楽レッスン使用教材






神奈川県鎌倉市山崎

:0467-55-5011

soave_main@ybb.ne.jp


お申し込み・お問い合わせはこちらから↓





ベルカント(Belcanto)とは
『美しい歌』という意味で、15世紀末から18世紀にかけてイタリアで発達し、19世紀前半の"ロッシーニオペラ"でほぼ完成の域に到達した、高度な歌唱装飾を伴う下記の要素を持った、イタリアの伝統的な声楽歌唱法です。

  • 無理のない自然で美しい響きで長く歌っても疲れない
  •        
  • 音色の変化に富み、感情豊かな表現ができる
  •        
  • 伸びやかで明瞭な声


                     
Soave〔ソアーヴェ〕は、イタリア語で「甘美な・心地良い・柔和な」という意味で、 ”年齢に関係なく、いつまでも美しく心地良く歌い続けたい”との願いを込めて、 1990年に神奈川県鎌倉市に発足した、早川敬子主催の声楽の会です。

イタリアの伝統的なベルカント唱法(bel canto)を学び演奏する
♪声楽個人レッスン・ヴォイストレーナー養成
(鎌倉市)

ベルカント発声法を学びながらハーモニーを楽しむ
♪女声ア・カペラSoave
(横浜市栄区/本郷台)で構成されています。

趣味として歌いたい方から、音楽大学で声楽を専攻された方、ベルカント発声の指導法を学びたい方、プロの声楽家まで、それぞれの立場から、生き生きと楽しく歌っていらっしゃいます。

・心地良い歌は、人に感動を与えます。
・感動を与えられる歌は、技術を伴います。
・感動を与えられる歌声は、美しい響きが必要です。


自分の演奏する楽器の響きは耳で聴いて、その響きを調整しますが、 「歌」は、自分の身体が楽器の為、身体の中で響いている声を自分の耳で客観的に聴くことは出来ません。
Soaveでは、人の歌声が、どのように聴こえるのか?
自分の歌声が、聴く人にどのように感じられるか?を、 『聴き・感じる』ことから始めます。

次に、聴く人にとって心地良い歌声は、身体と息をどのように使えば良いかを、歌う中で『知り』ます。
自分の声が、聴き手にどのように響いているのかを知るには、「なんとなく」ではなく、楽器=身体(発声器官)と息を、どのように使えばどんな響き になるのかを正しく知ることが大切です。

自分の楽器=身体と息の使い方が分かってきたら、心地良く、より自由に使えるよう『育て』ます。

そして、世界で唯一の大切な楽器=身体と、自在な息の流れで、あなたの感情を『表現』しましょう。


20年前”いつまでも美しく心地良く歌い続けたい”との願いを込めて発足したSoaveは、 今、聴く人に”Soave=甘美な心地良い”感動をして頂ける歌を表現出来るよう、基礎から学んでいきます。



SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー